硝子の瞳と猫と

心温まる事 癒してくれるもの 綴っていきたいな

ココ掘る! わんわん

休日の朝 犬とのんびり散歩する 林に差し掛かった時 急に道を外れて斜面に向かう ある木の根元近くまで来ると 尻尾をブンブン振りながら土を掘り始め 穴に鼻を突っ込んでクンクン これを飽きもせず 繰り返す 「もぐらの穴でもあったのかな?」 近くで見ても …

犬と歩けば...

⚀ 犬と歩けば... 「猫に当たる」 車が通らない場所を のんびり散歩していたら 突然ガサッと音がした 音のした方を見ると 猫が居た 私達が近付かないうちに 安全な場所に避難したようだ 時々 うちの庭を悠々と通る 何処かの飼い猫を 私は勝手に「トムキャット…

むりくり「鬼退治」

先週 愛犬の散歩から帰宅した息子が 「栗畑に雉がおった」と驚いて帰宅した それは珍しい 私も遭遇した事はない 「ん!? 待てよ」『雉』に『犬』 あと一つ キャラを調達したら「節分にピッタリ『鬼退治』の記事になるじゃん」 しかし 茶色い鳥と聞いた夫は「…

禍福は木に登る蛇の如し

すっかり葉を落とした紅葉の木に こんなのがあった 建築&居住主は不明 今は誰も居なくなった空の巢 きっと親子とも 無事に巢立って行ったのだろう 紅葉の葉がまだ青々と繁っていた頃 庭の水やりついでに 木の下から紅葉に「水掛け」をしたことがあった 晴天…

グルメなチーちゃん 〈危ない秋編〉

愛犬チーちゃんの散歩には「もぐもぐタイム」がある 秋の主役 東の横綱は大好きな『栗』 落ちている実を割って食べる 私も一緒に食べる 生の栗はナッツのあっさり系のお味 西の横綱は『柿』 こんなに美味しそうなのに 鳥も食べないのは渋いから? 落ちた実を…

グルメなチーちゃん 〈夏編〉

愛犬チーちゃんの散歩には「モグモグタイム」がある 日当たりの悪い場所にある 枇杷の木 小さいけれど美味しいらしい 今年も実が少ないね 栗畑の石垣から垂れ下がる赤い実「ナワシロイチゴ」 酸味があるけど水分が多くて 私とチーちゃんのお気に入り こちら…

グルメなチーちゃん 〈春編〉

愛犬チーの散歩には モグモグタイムがある 黄色い花咲く菜の花を見つけると 必ずモグモグ 「おひたし」にするのは まだ緑の蕾の頃なのだが 夢中で花を食べている 「美味しいの?」 私も黄色い花を 摘まんで パクリ 花びらがモサモサするが 苦味も薄く 大根の…

白・ 白・白

今年 最初の競馬のクラシックレース「桜花賞」で 初めて「白馬」が優勝した 本当に綺麗な白い牝馬で 名前は「ソダシ」という サンスクリット語(古代インドの標準的文章語)で 「純粋、輝き」という意味らしい 「白馬優勝記念」と 強引に賞して 「うちの色白さ…

猫もコタツから出ておいでよ

雪の日 愛犬チーちゃんと散歩した あの歌「雪」の通り犬は大喜びで走り回る 私も寒いけど 犬同様雪の日のお散歩は大好きだ! いきなり 雪の上に大の字に寝てみる 誰も歩いて無い真っ白な雪道に 自分の足跡をつける 車が通らない雪道だから18メートルのリード…

晩秋の早朝散歩

10月過ぎると夜が明けるのが遅くなった 懐中電灯は必需品 正直 街灯が有るところしか歩きたくない 国道に向かうコースには 体育館がある こういう時だけ 何故だか怖い話を思い出す バスケットボールのバウンドする音がする...体育館にポツンと立っている子が…

犬の散歩 ワイルドコース

犬の散歩道はその日の気分 とはいえあまり余裕の無い出勤前の早朝です 今日は 早回りのコースにしました アスファルトの道から脇道に キツイ坂道 早朝6時前 そっちは暗いし マムシ出そうで、 パス ここを横断せねば 帰れない 南向きの一日中 陽が当たる斜面 …

犬の名は「ちー」

いきなりクイズです! この日本犬の犬種はなんでしょう? ※ヒント 鼻の色 よ~く ご覧下さい 正解は 柴犬 でした~ 鼻の色が「赤い」 のは 本来 その犬種に存在しない色が出ている為だそうです 昔は商品として流通させなかったと ブリーダーさん 変わったのは 「…