硝子の瞳と猫と

心温まる事 癒してくれるもの 綴っていきたいな

その他

性格が分かる 貼り紙

8月の下旬 暑い日が続く頃 勤務先の一台しかない ドリンク系自動販売機が故障した 一部の部屋を除き プレス機の稼働する工場内は スポットクーラーしかなく とにかく暑い オアシスを失った人々の 不平不満が凄まじかったせいか(憶測) 早々に 二台目の自動販…

「死ぬまでに一回やってみたい」

お盆休みに入って 久しぶりに家族と外食を楽しんだ 暑い夏の昼下がり 帰途につく途中で 夫が「アイスクリームを買おう」そう言って海に向かった しかし 予想通り 道の駅の駐車場は満車だった 警備員に 他の駐車場の様子を聞いていると 運良く目の前のスペー…

帯状疱疹という感染症

「帯状疱疹」という病名は聞いた事はあるが 身近に罹患した人は居なかった 義母が通う診療所の掲示板に 「50歳を過ぎたら 帯状疱疹ワクチン接種をしましょう」 そんなお知らせが 貼ってあった記憶が有り 何となく「お年寄りが罹る病気なんだろう」と思ってい…

それ行け 益虫

今週も虫ブログが続く 7月の下旬のある日 台所の窓に子カマキリを見つけた 「何でこんな所に?」と驚いたが 多分洗濯物にくっついて家に入って来たのだろう お互い「ビックリしたぁ」 外に連れ出して 選んだ場所が 朝顔の花 苗に付いていたタグには つるが…

白い帯と書いて「ハクタイ」と読む

そう力入れてタイトルにしなくても 良いんだけど 武道系の胴着を締める白帯と 読み方が違うので ルビ説明をしてみました 最近「虫ブログ」に宗旨変えしたんじゃないか と思われる記事が続いている 庭に夏の花が少なく つい目につくのが「昆虫」で 面白いと思…

パパラッチ撃退法

カマキリの眼は たくさんの「個眼」が集まった「複眼」 此方の動きを追う黒目は「偽瞳孔」といわれ 人の瞳孔とは違うもの ストロー状のものが 束になって集まった個眼のうち 奥まで見通せたものが 光の反射がないので黒い点に見えるらしい 《水やり中に見つ…

物干し場の13匹

庭で片付けをしていたら 物干し場近くでカマキリの子供を見つけた 同じ卵から孵化したのだろう 近くにも同じ大きさ(2cm弱)の子がうろついている 外壁塗装時に カマキリの卵は一掃されていた もしかしたらと 思い当たったのは 塗装前に剪定したツル薔薇の枝に…

命短し 行動せよ乙女

我が家の庭に コガタスズメバチが営巣を始めた 今後の被害を考慮して 穏便な退去方法「木酢液」を散布したが めげない女王様 2度目の攻撃を仕掛けた反面 巣のある棚の方向を人家の無い方に変え 此方と接触しないよう 棚の上から簾を掛けて共存する事も考えて…

今年も会えたね

今年も 蛍の飛ぶ時期になってきたので チーちゃんの散歩がてら 出掛けてみた 国道沿いの小さな川だが 毎年蛍が鑑賞できる スマホでは 光の点滅とシャッターのタイミングが合わなくて 画像はイマイチ でも 今年もちゃんと蛍に会えた事が嬉しいな 《蛍です》 ╱…

タフでクールな女王様

コガタスズメバチの女王様による宮殿造りは 着々と進んでいる 「お皿」から「お茶碗」形へ そして「丼鉢」から 今や「風鈴」の形になっている 《まだ温厚な女王様》 《マーブル模様は皮を取る木の違いによるもの》 これから「坪」の形になり働き蜂が次々誕生…

共存共栄 時々 弱肉強食

持ち家を維持するには お金がかかる 経年劣化であちこちに傷みが生じるのは 仕方がない 3月下旬 うちもようやく屋根を含め 外壁の塗装を行った こういう日が来ることは 予想できていたので 細長く狭い庭でも 建物ギリギリの場所に 高くなる植物は植えないよ…

犬と歩けば

桜が終わった頃から 愛犬の散歩に山コースを歩いていなかった 国道から車で10分も走れば 頂上に着く標高452mのこの山には 昔 小さな山城が有った 土佐の長曽我部元親の侵攻に備えて 築城されたものの 天正2年(1584年)に その長曽我部軍により落城してしまっ…

好きこそものの上手なれ

火曜日 私は終業時間になっても 仕事が終わらず焦っていた 翌日休みを取っている手前 自分の仕事は やりきっておきたい 後のデスクでは Sさんが何やら不服そうにスマホで通話中 仕事終わりを待って 小学生の娘さんが算数の宿題を 連絡してきたようだ 「え~!…

吉兆の証

暖かくなると 庭の花達が蕾を付け始める 同時に害虫達も活動開始 小さな芋虫やバラゾウ虫を捕獲するも 追い付かない ここ数年 花には使わなかった殺虫・殺菌剤を使うことにした 皇后 雅子様のお印 日本の原種系薔薇「ハマナス」(ハマナシ) の白 ロサ・ルゴザ…

洗濯機の変は 排水口に有り?

29日の金曜日 全自動洗濯機に世代交代の波が訪れた 12年も頑張ってくれていた相棒の反乱に ついに白旗を掲げた 元を正せば私の「詰め込みすぎ」が原因 時々起こる 相棒の怒りの声を無視していたら 「洗濯時間を勝手にリバース」「水量の途中増加」「脱水の放…

小さな丸い突起物

水曜日に かかりつけの皮膚科に行った 友人の薦めで この医院に初めて足を運んだのは 犬の散歩中 木の枝が顔に当たってかぶれた時だった かぶれは処方された塗り薬で 直ぐに治癒した 2度目は 右足薬指に黒い爪が生えたまま半年過ぎ「指が腐る?」 慌てて受…

ふるさとの訛り懐かし

「広島の人が普通に会話してても まるでケンカしているように聞こえる」 そう言ったのはお義姉さん 私が愛媛に引っ越して来て しばらく経った頃だった 『そうかぁ 他所の人にはそう聞こえるんだ』 ヤクザ映画の影響かしらと 思ったけれど 少しも腹は立たなか…

初めての事情聴取

休日の朝 愛犬チーと散歩に行った 山道コースを歩いていると 道路の中央に何か落ちている 近付いて見ると「カード」のようで 拾い上げて見ると「健康保険証」だった 「何で道路のど真ん中に こんな物が落ちてるんだ?」 私はハッした これ刑事ドラマであるや…

こんな旅館 ある !?

息子が幼稚園児だった頃 親子で九州に遊びに出掛けた 急に思いついての一泊旅行 ようやく予約が取れたのは マイナーな温泉地の旅館だった しっかり遊び 少し遅れて着いた宿泊先 しかし受付で「本館ではなく別館になります」 地図を渡され 晩秋ですっかり暗く…

春の「赤いチーム」募金

今年も「赤いチーム」のグッズを購入した カープグッズのカタログは 見ているだけでも面白い 「え?こんなもんが?」が 売り切れてたりしている 先ずは 読書好きにピッタリの「ブックマーク」 5種類のうち 厳選に厳選を重ね 迷いに迷って 結局お財布と合議の…

物語の結末は

物語の結末はハッピーエンドが良い 現実は 思い通りにならない事の方が 多いのだから 読み終えた本を 幸せな気分でパタンと閉じたい 恋のお話なら なおのこと 私が中学生の頃 同じクラスに優等生の女子が居た 成績優秀で美人 リーダーシップがあり 少し大人…

(祝) 尹錫悦 様 感謝状お待ちしています

職場の昼休憩中 Tさんが「見て見て~」と ロッカールームから走って来た 小判型のクッションを 大事そうに胸に抱えている 「これユーフォー・キャッチャー 3回目で取れたんです~ 300円!」 BTS コラボの人気商品のようだ 「私のもあるんよー 車から取ってく…

落胆BOX

久しぶりに ドコモスマホ教室に行ってきました 欲張って 一日に2講座(1講座60分)を受講 午前中の講座は「スマートフォンでキャッシュレスをはじめよう・dポイント編」 ポイントの貯め方と使い方等を習った 今まで「アンケートに答えてポイントを貰おう」と…

3回目のコロナワクチン

本日「コロナワクチン」の3回目を接種しました 職場の噂では 2回目まで副反応の無かった人も 3回目は「熱が出た」「しんどかった」と いう話をよく聞くらしい 職場の年長者に もう接種済みか尋ねると とりあえず様子見しながら 医療機関でのみ予約できる「…

頑張れ !! 高校球児⚾

先日 一通の葉書が届いた 内容は「選抜高校野球大会出場」にする 母校への寄付金のお願いだった 甲子園から遠ざかって久しい中 20年ぶりの快挙だ 私が入学する前から 母校は甲子園出場の常連校だった NHK放送の影響で 甲子園の出場校は全国区で知名度がアッ…

雪は消えるんじゃないよ 溶けるんだよ

このタイトルは 2月5日の朝日新聞「ひととき」に掲載された「ひ孫のぬくもり」 という読者投稿文の中にあった 言葉を引用した 何気ない言葉だけれど 私の心にも響いた 投稿者の方は84歳の女性 33歳の若さで娘さんが亡くなり 残された7歳の息子さんをご夫婦…

むりくり「鬼退治」

先週 愛犬の散歩から帰宅した息子が 「栗畑に雉がおった」と驚いて帰宅した それは珍しい 私も遭遇した事はない 「ん!? 待てよ」『雉』に『犬』 あと一つ キャラを調達したら「節分にピッタリ『鬼退治』の記事になるじゃん」 しかし 茶色い鳥と聞いた夫は「…

ケ・セラ・セラな友人

六星占術で 良くない運気の流れとされる「殺界」 その中でも 特に注意が必要とされる「大殺界」 何気に自分の生年月日から調べてみたら 今年は三年続きの真ん中「停止」にあたる いわば「前厄・本厄・後厄」の「本厄」だ 去年に続いて「我慢の年」という お…

禍福は木に登る蛇の如し

すっかり葉を落とした紅葉の木に こんなのがあった 建築&居住主は不明 今は誰も居なくなった空の巢 きっと親子とも 無事に巢立って行ったのだろう 紅葉の葉がまだ青々と繁っていた頃 庭の水やりついでに 木の下から紅葉に「水掛け」をしたことがあった 晴天…

謹んで新年をお祝い申し上げます

昨年は たくさんの方々に ブログ訪問をして頂き 心より御礼申し上げます 本年も引き続き よろしくお願いいたします 当地はお天気に恵まれ 道路状況を気にせず初詣に出掛けられました そして 毎年恒例の「おみくじ」(三十円) は「末小吉」でした ☀氏神様の御…