硝子の瞳と猫と

心温まる事 癒してくれるもの 綴っていきたいな

子供の命名

今年も又 落選した 「レディースカープ ファンクラブ」

毎年5000人を募集して 多ければ抽選となる 会員期間は1年間

私が前回当選したのは 2012年

「お客様の御希望に添えない結果となりました」

もう10年間も そんなメールを受け取っている 

どんだけ くじ運が悪いんだろう 

その時ふと 思い出した むかしむかしの「くじ運」のお話 

 

昼休みのオフィス 母親からの電話で怒っていた同僚に どうしたのかと訊ねたら

昼前自宅に届いた 懸賞の当選賞品を 兄嫁に持ち帰らせたという 

宛名が甥の名前になっていたからだ 

 

同僚のMさんは 懸賞によく応募していた 

当時は葉書が主流 一つの希望賞品に複数枚送るので 

自分の名前以外に 家族の名前も使用していたのだ 

ところが 当選するのは ほとんど甥っ子兄弟の兄の名前で 

最初は看過していた母親が「人の名前を利用するのは良くない」と

賞品が届く度に 近所に住む兄嫁に連絡するようになった 

兄嫁も兄嫁で 賞品は子供の為の物ではないと分かっていても

「いつも応募してくれて有り難う」と さっさと持ち帰るらしい 

 

「葉書を出しているのは 私なのに」と 同僚は憤懣やる方無い 

「甥子さんは 随分くじ運の良い名前なんだね」と 私が感心していると 

「著名な先生に 名付けして貰ったからね」と言う

 

兄夫婦に長男が産まれた時 わざわざ遠方まで足を運び 命名して貰った 

40年前の話で 謝礼は10万円 

「弟さんの方は当たらないの?」不思議に思って聞くと 

歳の近い次男が産まれた時も 兄はその先生を訪ねて行ったものの 

生憎 出張中で会えず

出直すのを諦め お弟子さんに命名して貰った 謝礼は5万円 

師弟の差が「くじ運」の差になったのかしら 

 

赤子の未来予想図を その師弟がどのように描いたのかは 知る由もない

兄は 優等生で手がかからず 両親と祖父母から可愛がられていた 

弟は 直情径行でやんちゃ坊主 

祖父母の家に行くと  ソファーで跳びはね物を壊したり 

体格が良くて 喧嘩で兄を泣かせて いつも叱られていた 

「でもね 私は弟の方が可愛いの」 

 

お誕生日やクリスマスに プレゼントを渡すと 

兄は「ありがとう」とお礼は言うものの 贈られた物には淡白なように思える 

一方弟は 全身で喜びを現し それが絵本だったら 

「読んで!」と 眼を輝かせて 膝に乗って来る 

贈り物を枕元まで持って行く程 大切にしてくれる無邪気な末っ子 

「だから私は 弟の味方をしてやるの」

 

私が退職してから 長い間彼女とは年賀状の近状報告だけになった 

一昨年 久しぶりに電話で話し「お互い歳を取ったね」と言いながらも 

昔と変わらない 明るくはつらつとした 彼女の声が懐かしかった 

 

独身の彼女は 両親の介護で苦労の末 二人を看取り

今も 実家で一人暮らしをしている 

多忙を理由に 介護の手助けをしてくれなかった義姉に代わり 

甥の弟君が 度々訪ねてくれたそうだ 

今は家族を持つ弟君が Mさんの頼もしい味方になってくれている 

 

他の人からも 命名について聞いた事があった

長男は 「次の戸主として家の継承と繁栄」 次男は「兄と生涯良好な関係でいる」

婚家は農家の人だったが 名前の由来を子供達が聞いたら

ちょっと ガッカリしないかな

 

それでも 子供の命名は プロに頼もうと親自身で考えようと 願いは同じに違いない 

「我が子が幸せであれ」

それは いつの時代も変わらない 切なる願いだ

鯛カレーに挑む

以前 「鯛カレー」を食べ損ねたという記事を投稿したら

「自分で作ってみては?」というコメントを お二人からいただいて

「なるほど それもそうだな」と 気付かされた 

 

sakutamatengo.hatenablog.com

 

今まで「美味しい」と思った料理を 再現してみる事は有った

鯛カレーを食べられなかったあの日 島の食堂で「刺身定食」を食べた

その膳にあった「お吸い物」が もの凄く美味しくて 家で作ってみた

これも鯛の出汁で作ったのだが あれ程濃厚な味は 再現できなかった

 

食べた事が無い上 味の想像が出来ない料理を作るという発想は無かったが 

Yahooで検索してみると レシピもたくさんアップされていた 

材料が調達出来たらと 思っていたら 

今日スーパーで「鯛のアラ」が出ていた 

魅力的な「天然物」の札に 有難い二割引のシールも貼られている 

早速購入して帰った 

 

レシピ通りに出汁を取り みじん切りの野菜を炒めて煮込んだ 

レシピでは 市販のカレールーを使う人が多い  

うちは断然バーモント派なのだが 今回は「ジャワカレー甘口」を選んだ

焼いた後鍋に入れるが沸騰させないようにする

 

「東見茶屋」の鯛カレーは 具が溶け込んでさらさらのルーで 

味はピリ辛らしい 

画像を見ると 素揚げした野菜(かぼちゃ・茄子・いんげん豆)とタコが添えてある 

めちゃめちゃ美味しいそう 

カレーと景色を堪能できる

 

さてさて チャレンジした私のカレーのお味は 

「....こんなもんかな?」 

鯛の出汁がカレー(ルー)と 上手く調和できてない気がした 

黙々と食べる夫は一言 「甘口じゃなくて辛口の方が合ったかも」と のたもうた 

プロとアマチュアの差は歴然(>_<")

 

しかし 再チャレンジは当分無いな 

やっぱり 別のお店か通販で「プロの作る鯛カレーを一度は食べてみたい」

そう思ってしまう私は 想像力と経験値が足りないんだなぁ

匂いの記憶

私がアロマオイルを使い始めたのは 息子が花粉症で辛そうにしていたから 

「耳鼻科には行きたくない」

「薬局の薬も使わない」  

鼻詰まりで眠れない夜が続き 元気がない

 

症状軽減の対策をいろいろ調べて 選択したのはアロマテラピー

まず アロマミストを発生させるディフューザーという器具を

枕元に置いて 試してみた 



鼻詰まりや喉の痛みには ペパーミント

翌朝 「ペパーミントはキツイ」 

 

花粉症にはティートゥリー

開口一番「ティートゥリーは香りがいまいち」

 

最後は「モーター音がうるさくて眠れない」 

なんじゃそりゃ! 結局3日で テラピー終了 

 

せっかく揃えたアロマセット 自分で使うことにした 

いくつかのアロマオイルを試してみて 落ち着いたのが 

ラベンダー・ティートゥリー・ベルガモットの香りの組み合わせ 

100%植物から抽出した精油だから 派手さの無い自然の香り

ミストの前で 思わず深呼吸したくなる

 

就寝中にセットしておけば 乾燥予防になるし 

何より 好きな香りで心地よく眠れる 

息子が指摘した 稼働音も水滴の跳ねる音も気にならず 

私にとっては 予想外の優れものだった 

 

嗅覚は 五感の中で最も原始的な感覚で 視・聴・味・触覚と違い 

情報は 思考を司る「大脳新皮質」を経由せずに 

本能的な行動や感情を司る「大脳辺縁系」に 直接届く 

人は香りや匂いで 考えるより早く感情を揺さぶられてしまうようだ

 

嗅覚は 記憶とも関わりが深く

香りによって 忘れていた記憶や 過去に出会った人の思い出がふいに甦る

失くしたと思っていた宝物が ひょっこり出てきた あの感じ

切なかったり 温かな気持ちになったり

誰にでもきっと 有るだろう

 

歳を重ねる程に 大好きな香りと愛しい匂いが頭の中に堆積する

 

鯛カレーの教訓

愛媛県の見所としてお薦めの名所として「しまなみ海道」がある 

先日も 読者登録のブロガーさんが 訪問記事を投稿されていて嬉しかった 

その時「そういえば...」と思い出した事があった 

 

話は遡って 2年前の7月 

花好きの義母を連れて 愛媛県今治市の大島に出掛けた 

「吉海バラ公園」でたくさんの薔薇

亀老山展望台とカレイ山展望台で 瀬戸内海の景色を堪能した 

『亀老山展望台から望む来島海峡大橋

 

ちょうどお昼の時間になったので

カレイ山の「遠見茶屋」でランチにしようと思ったものの 

ランチメニューは カレーだったので断念した 

義母は少食で 辛いものが苦手だったのだ 

 

夫は「ここ 何だか凄く美味しそうな感じがする」

名残惜しげに 後にする姿を見て 帰宅後調べてみると 

鯛の出汁で作った「鯛カレー」が 有名なお店だった 

 

食いしん坊の夫の直感は 凄いなと感心し

半年近くたって 今度は二人で出掛けた12月の日曜日 

高速を使って辿り着いたら「12月~3月迄は休業します」の看板に呆然とした 

もともと 土日しか営業していないお店

冬場には観光客が激減する為だろう

 

翌年の春を待ってのリベンジは コロナの外出規制で休業中だった 

ワクチン接種でコロナが落ち着き始めた秋に 再度足を運ぶも 休業していた 

電話して確認するべきなのは 承知しているが 

気分で決める休日予定で ここまで2連敗 

 

1年後の今日は「営業する」をSNS でちゃんと確認して出掛けた「三度目の正直」

ランチ開始時間5分前に到着 先客は一名のみだった 

先客さんは右端の席

 

海の望める特等席に座り テーブルに差し出されたメニューを見る 

今日の島ご飯というメニュー以外は ほぼ飲み物 

おずおずと聞いてみる

「あの..カレーは?」「すいません 今はやってないんですよ」 

満を持して臨んだ二人は 一瞬固まる 

ここは もう一つしかないランチを選ぶしかない 

タコ飯はお代わり自由 付け合わせの香の物も絶品だった

 

お膳が来るまでテーブル横 ガラスの無いデッキから見下ろせる景色を楽しんだ 

11月でも暖かい日で 気持ちのいい風が入り 心地良かった 

(村上)能島水軍の水軍城があった能島がよく見えた

予想外ではあったが 出されたお料理が手の込んだもので

上品な美味しさに とても感動した  

献立の一つ一つが珍しくて いつもは無言の二人が

材料や作り方の話で盛り上がり 楽しかった  

 

アフターコーヒーを飲みながら「来て良かったね」と 

しみじみと 休日を堪能できた一日だった 

さすが高級石材「大島石」の産地 厚さ5cmの石のテーブル

 

どうも「東見茶屋」の経営者が変わったようで

カウンターの向こうで 料理を準備する男性と 

にこやかに接客する女性は どちらも若くて 素敵なご夫婦(多分)だった

 

一つ言えるのは 

「機会は 訪れたその時に掴め 逃したチャンスが再び来るとは限らない」 

鯛カレーは もう食べられない 私の教訓です   

改宗した理由

義母は 8人兄弟姉妹の下から三番目 これはそんな 義母の親族のお話

義母の生家は山深い田舎に有り 今はもう住む人も居ない

 

一番年長の長女以外は皆 比較的近隣に住んでいる 

母親と同居していた長男は 優しい穏やかな人柄で

肉親を大事にしてくれる人だった 

優しい兄と義姉を慕って お盆やお正月には皆が実家に集まって

実母を交えて 賑やな一日を過ごしていたようだ 

 

実母は 長寿だったので 長く そのような親交が続いた 

しかし その習慣に苦しむ人もいた 長男に嫁いできた義姉だ 

嫁いで来た時から 小姑や小舅がいた大家族 

昭和一桁生まれの人なら 珍しい話では無いだろう

しかし ずっと農家と家族を支えて来た 控えめな義姉にとって 

長い間 母親の住む実家に 様子伺いに訪れる義理の弟妹が負担になっていた 

既に自立していた 自分の息子にはその不満を吐露していたようだ 

 

義母が若い頃に亡くなった 実父の法事の席だったか 

皆が実家に集まり 会食をしている時 何が切っ掛けかは分からないが 

突然 兄の息子が激昂した 

「これじゃあ 母さんが可哀想過ぎる」「俺の代で変えちゃる!」

そう言うと 席を蹴って夫婦で帰ってしまったのだ 

 

その後 息子夫婦がキリスト教に改宗したものの 親戚付き合いに大きな変化はなく 

高齢の母親を 自宅で看取るまで 義母達はできる限り兄夫婦の手助けをした 

 

夫婦二人の生活が落ち着いた頃 兄が前立腺のガンに侵され 緩和病棟に入院した 

「息子に見捨てられる」と嘆いていた兄も又 夫婦でキリスト教に改宗し

お墓の魂抜きをしたと 義母は残念がっていた 

 

程なくして兄が亡くなり 葬儀の為教会に足を運んだ義母は 

息子夫婦と 笑顔で談笑する義姉の様子を見て驚いた 

あんなに楽しそうな 義姉の顔を初めて見た気がしたからだ 

義姉は 此方にまるで関心がないような素振りで 言葉も交わさず式は終了した 

 

教会の外で 怒りの言葉を発したのは一番末の弟だった 

「わしはキリスト教を理解しようと本を読んだ」

「良い宗教だと思う でもあんた達の対応は何だ」 

義姉と息子夫婦に怒鳴る弟を 義母達姉妹は 宥めながら連れ帰ったという 

 

後日 兄の墓参りに行った義母は 箱のような変な墓で

息子夫婦と一緒じゃないと 入れないと言う 

多分 ロッカー式の納骨堂だったのだろう  

 

キリスト教だから 法事もなければお盆もない 

兄のために 兄弟姉妹が集うこともない 

それ以降は皆 元のお墓にお参りしている  

 

葬儀の折に見せた 義姉の幸せそうな笑顔は 

夫が亡くなると同時に訪れた 義理の弟妹達との 長く煩わしい付き合いが 

ようやく終了するという 待ち望んだ日だったのだろう 

 

 

信仰は 心の安息を求めるようなもの 

親族との交流を断つ為に 改宗した義姉達は今 幸せだろうか

僕(シモベ)の布団

寒い季節になると チーム猫との夜を思い出す 

 

 

暖かいこたつに 猫三匹が集う夜 

私は就寝する為 2階の自室に入り 洋間のフローリングに布団をひく 

私が布団に入ったタイミングで 黒猫『朔夜』がやって来て「にゃー」と鳴く 

布団をはぐると ごそごそと肩口から入り 私の脇の下で一緒に眠る 

厚い布団に潜り込んだままで 「窒息しないんだろうか」と 時々鼓動を確かめる 



白猫『珠玉(タマ)』は時々 夜更けにやって来て 肩の方から布団の上を移動する 

踏まれた朔夜が 「にゃんだよー」と布団の中で怒る 

そんな事は意に介さず 私のお腹か太もも横辺りの布団の上で 丸くなる 

 

気の向いた時にしか来ない 白茶トラの『天護』は私の枕の上に眠る 

枕といっても 薄いガーゼ布団を折り畳んだ 細長いもの

そこを半分以上占拠する 

 

三匹に揃われると 寝返りすら うてなくなる 

ガリバー旅行記ガリバーみたい 微動だにできない 

更に悲劇は続く 

 

夜中にトイレに行く為 そーっと布団を抜け出して戻ると 

どんな流体力学が働くのだろうか 三匹が各々 布団の中央に移動している 

珠玉の幸せそうな寝顔を見ると 起こすのが忍びない 

 

私は布団の端をそっとめくり ゆっくりと体を滑り込ませる 

仰向けになると 身体半分は床の上にはみ出し 

横向きになると 背中と腰が丸出しで 「寒い!!」 

マッチ売りの少女か フランダースの犬のネロかよ 

凍死は避けたい



私は陣地を取り戻すべく 一番上の毛布をそっと引っ張る 

一番デカイ白猫が乗っているせいか びくともしない 

仕方がないので 一番下の薄い肌掛け布団を

じわじわ引っ張り はみ出た身体に掛ける 

 

「ここ 私の布団だよ~寒いよ~」

猫のしもべは ぼやきながらも いつの間にか眠りに落ちる 

 

しかし 意識を失くした私は 悪魔に変貌するようだ 

多分 白猫は 布団から転げ落とされ 白茶トラは 頭突きをくらい 共に階下に逃亡 

黒猫は 布団の中で難を逃れ 何事もなく布団にくるまれ 私と朝を迎える  

 

時が経ち 朔夜と珠玉が 天に召されて変わったことは 

天護が淋しがりやになって 毎夜やって来て 枕の上で眠るようになった

私は 寝返りうち放題 トイレに行っても暖かい布団を占領されなくなった

 

 

それでも あの窮屈で寒い夜が 今は懐かしくて とても恋しい 

ティンシャが届いた

綺麗な音色に惹かれて 購入したティンシャが 届いた 

箱から出して手に取ると ずしりと重い 

 

7種の金属を原料に鋳造された法具を 7メタルと言う 

金(太陽)・銀(月)・水銀(水星)・銅(火星)・鉄(金星)・スズ(木星)・鉛(土星) 

チベット密教古来の占星術にある製法 ということだ

 

7メタルの音色は 場の浄化と癒しの力を強めるらしい 

収納袋と傷防止用フェルト付き

早速 リビングで鳴らしてみた 

「チーン....」 スマホで試聴した音より クリアでよく響く 

「いいなぁ」 もう一度鳴らした 

 

家の中で寝ている 猫の天護はそのままだけど

外を見ると 寝ていた犬のチーちゃんが 起き上がり

尻尾を下げて 嫌そうな表情で離れていく 

 

「君 憑かれているんじゃないの?」

 

そろりそろりと逃げていく

 

人の4倍の聴覚を持つ犬は 高音域を広く聴き取れる 

どうも大きな音同様に この高い金属音が苦手のようだ 

雷や近くで草刈り機の音を聴いた時と 同じ反応をしている 

「ごめんね」 気をつけるよ 

 

野外でも鳴らしてみたくて 犬の散歩時に ポシェットに入れて携帯した 

人家が途絶えた所で 鳴らしてみる

「チーン...」 夜明けの空気のように 澄んだ音 

野鳥のさえずりも 山鳩の声も途切れずそのままだ 

チーちゃんの尻尾も キリリと上がっている 

 

宿根の朝顔? ╱ 白い葉っぱ?

 

目についた 花の写真を撮りながら 山道を進む 

 

突然 先を行くチーちゃんが 此方に引き返すと

目の前で立ち上がり 両手を伸ばして寄り掛かかる 

「?! 」 誰かにかまって欲しい時に 見せるポーズ 

散歩中に見せたことは無いのに  何故? 

手がポシェットに 触れている 

「これを鳴らすの?」 

ティンシャを 取り出すと パッと離れて元の位置へ戻る 

 

道の両側が木立で 一日中 日の当たらない登り坂の途中

ティンシャを鳴らすが 何の変化も感じられない 

それはただ一度だけの 不思議な出来事だった 

松ぼっくりを蹴って」おねだりは何であれ お座りして待つ

 

家の中 庭 山道と 気が向けばティンシャを鳴らして

震える余韻に 耳をすませる 

 

 

「私 疲れているんじゃないの?」 

 

思うように行かない事への 苛立ちと嫌悪 

自分の内に溜め込んだ魔物を 祓うために ティンシャを欲したのかもしれない 

 

そういえば「祓う」という字の成り立ちは

犬を犠牲にしたところからきているらしい 

 

大丈夫 チーちゃんを 怖がらせないように 小さく音を鳴らす

 

ティンシャの 心地よい透明な高音

少しづつ 少しづつ 心も澄んでいくようだ