硝子の瞳と猫と

心温まる事 癒してくれるもの 綴っていきたいな

天井裏の産土神

私の家から 一人暮らしの義母の家までは 味噌汁の冷めない距離だ

毎朝 通勤前に寄って行く 

その日 いつものように座敷で 朝食の片付けをしていた時 

台所の方で ガタゴト不審な音が聞こえてきた 

義母が過ごす座敷は 家の奥にある そこは台所から 一番遠い場所だった 

いつもの事で 勝手口の鍵は掛けていなかった 

「泥棒?」そっと廊下に出て 足音を忍ばせながら台所に向かう 

 

台所のガラス戸に近付いた瞬間 突然 頭上から音が降る 

トットトットッ 天井裏を 何かが移動する軽めの足音 

直ぐに台所に走り込んだ私は 勝手口横に立て掛けてあったモップを掴んで 踵を返す

「うりゃうりゃ~」 天井に向かって モップの柄をドンドン打ち付けながら 廊下を走る 

足音の主は 慌てふためき逃げ惑う 

廊下から右折してトイレ 左折して玄関 戻って 手前の座敷に逃げさらに奥座敷

この先は行き止まりだ 襖に手を掛ける

「スパーン!!」

思ったより滑りの良い襖が 勢いよく開いた 

部屋の真ん中で テレビを観ていた義母は モップを持っていきなり現れた嫁に驚きもせず ゆったりと座椅子にもたれていた 

「ばあちゃん! 天井裏に何かおるんよ」大声で報告すると 

チラリと天井を見上げ 重々しい口調で「『うぶすな』 じゃ」と言った 

「えっ? 産土神!?」それって土地神様のことじゃん 

義母は真顔だし ノーリアクションだし (義母は耳が遠い)

いつの間にか天井の音が止んでるし 

もしかして 土地神様を追いかけ回した私は 天罰が下るのか?  怖いんですけど 

 

f:id:sakutamatengo:20211010195140j:plain

「『産土神』あくまで投稿者のイメージです」

 

その事を夫に話すと「それは『のぶすま』の聞き間違いよ ムササビが入ったんやろ」と笑われた 

私は ムササビに「野衾」という異名があるのを初めて知った 

それからも 天井裏の足音は朝晩よく聞こえた 

不思議なのは 夜行性のムササビが すっかり明るくなった午前9時前に帰って来ることだ 

姿を確認してないので ムササビ以外の野生動物かもしれない 

 

 

f:id:sakutamatengo:20211010195339j:plain

「『ムササビ』 あくまで投稿者のイメージです」

 

 

先日東京で地震があったが 私の住む地域でも大地震の予測がある 

南海トラフ地震が 今後30年で起きる確率は70~80%と言われているのだ

 

一部とはいえ動物は 地震を事前に察知する事ができるらしい 

この足音が聞こえている限り 南海トラフ地震は起きないような気がする 

まさに「産土神(ウブスナガミ)」に守られているようなものだ 

「もうモップの柄で 追い回したりしませんので どうか義母の家をお守り下さい」

私は 足音が聞こえる度に そう願うのだった 

 

 


 

栗は三兄弟

田舎に住み「栗拾い」をするようになって初めて知った 

栗のイガの中には実が3つある 三兄弟それとも三つ子かな

f:id:sakutamatengo:20211001214428j:plain
f:id:sakutamatengo:20211001214533j:plain

〈真ん中の栗は少し平たくなる〉       〈仕切りのような跡〉

f:id:sakutamatengo:20211001215005j:plain

〈他の兄弟の栄養を一人占めして「大きくまん丸」になる栗〉


f:id:sakutamatengo:20211001220325j:plain

〈根元を切り取ったように見えるが 自然に実が落ちた栗〉

 

 

先日 保育士をしている知人に頼まれて イガ栗を収穫した 

これを園児達に見せるそうだ 

そういえば 息子が幼稚園の頃「栗拾い遠足」があった 

たくさん栗の入ったお土産袋を持ち帰り 栗畑一面に 栗の実が落ちていたと喜んでいた 

毎年のこと 栗園の方がバラ撒いているそうだ 

それでも 栗の木とイガ栗を見て触れられたのは 子供にとって良い経験になった 

f:id:sakutamatengo:20211001215857j:plain



この時期は 愛犬の散歩に栗畑を回る 

早朝にもかかわらず 時々食いしん坊のイノシシに先を越される 

 

スニーカーの靴底でイガ栗の口をキッチリ踏んで 実を取り出す 

少しでも 靴の布部分にイガが当たると 痛い!

やはり 栗拾いは長靴必須だ

落ちてきたイガ栗が 頭に当たると 目から火花が出る程 痛い! 

低い位置に張り出した枝を避けながら 中腰で栗を拾うので腰が痛い 

畑を移動しても ヤブ蚊とクモの巣が纏わりつく

「食べる前の苦労が多過ぎ」と 不満たらたら    

 

f:id:sakutamatengo:20211001215636j:plain

〈畑の横でイノシシが「泥遊び」した跡〉

手入れを怠っているにもかかわらず こうして毎年美味しい栗をいただける

「仕事と趣味が農業」だった義父の大切な遺産に感謝する 実りの秋 

 

 

 

幻の猫

息子にピアノを教えてくれていた先生は 猫に縁のある方だった 

二度も捨て猫を保護し  借家の大家さんから許可もらって育てていた 

 

ある日 レッスンを終えて山道を走行中 路肩に停まっている車に気付いて減速すると

先生の車に気が付いた若いカップルは 慌てて車に乗り込み走り去って行った 

「不法投棄でもしていたのかしら?」何気なくその場所を見みると 捨てられていたのは 小さな仔猫3匹だった 

産まれて間もない仔猫のようで 放っては置けない 動き回る猫をそのまま車に乗せられない 

先生が教え子の家に引き返し 箱を貰って戻ると そのわずかな間に茶トラの仔猫が轢死していた 

無事だった2匹を箱に入れ 轢死した遺体を袋に収容し 動物病院に急ぐ 

たくさんのダニや目やにをつけた 小さな仔猫を診察したかかりつけ医は「この子達のお母さんは過酷な生活をしていたみたいだね」と哀れんだ 

仔猫の世話について 説明を終えた医師は「見過ごす事も必要だよ」と 先生にやんわりと言った 

これで三度目の捨て猫の保護 里親を探す苦労を慮っての忠告だったのだろう 

その後 茶トラの仔猫を ペット霊園で荼毘に付してもらった先生は ひとりぼっちで 天に召された小さな命に「天」と命名した 

 

ピアノを教えている生徒で 猫を飼っている家庭は多い 

訪問した先々で保護猫の話をしてみるも 先生の話に労いの言葉をかけても「うちで引き取りましょう」という人は居なかった 

個人でペットを飼う場合「責任をもって飼える数」には限りがある 

当時 我が家にも2匹の猫がいて「完全室飼い」ではこれ以上は無理だと判断した 

その後も 保護猫の譲渡先探しは難航しているようだった 

ひと月位経った頃 先生から電話で引き取りのお願いをされて「これも何かの縁かも」と心を決めた 

生後ひと月半 片手の掌に乗る程の 小さな仔猫がやって来た 

臆病だけど甘えん坊な男の子  私は亡くなった兄弟に護られますようにと「天護」と名付けた 

f:id:sakutamatengo:20210920215728j:plain
f:id:sakutamatengo:20210920215944j:plain

『漢字のブックマーク』

何かに驚くと 天護は直ぐに私の肩に駆け上がる おかげで 服も背中も傷だらけ 

息子は「サトシとピカチュウみたいだ」と羨ましがった...めちゃ痛いんですけど

f:id:sakutamatengo:20210920220309j:plain

『博愛主義の珠玉(タマ)に マウント取りたがる天護』

 

「にゃんこ」が増えたと話したら 友人達が見に来てくれた 

玄関を開け「こんにちは~」 その第一声で 天護はリビング階段から二階へ逃亡し

呼んでも下りて来ず ご飯の時間になっても姿を現さなかった

 

その後も同様で 友人達から「幻の猫」と呼ばれるようになった 

それではと画像を見せると「ホントに居るんだ」「茶トラと白なんだね」と納得

 

十数年の時が経っても「天護」に会えない友人は 今でも名前ではなく「幻の猫」と呼んでいる

f:id:sakutamatengo:20210920215546j:plain

『鈴付きリボン首輪は友人からのプレゼント』

伝承技術と科学技術

中世より 石積みの巧者として名を残す「穴太衆」(あのうしゅう)

その伝統を継承する「粟田家」十三代目の万喜三さんの口癖は「石の声を聴け」

 

息子の純司さんは 近畿大学土木工学科を卒業して 父に弟子入りした 

粟田家に伝わるのは 熟練技術の石積みで 文書にされた技術書は無い 

黙々と石を積む父親に 土木理論を投げ掛けても「へ理屈ばかり言うな」と一蹴される

「石の声を聴き 石の行きたいところへ持って行くのが 穴太の石積みの鉄則や」

石工は土木技術者ではあるが「理屈ではなく盗んで覚える」職人でもある 

 

安土城の三の丸の石垣の 修繕工事にかかっていた時のこと 石を納めてバールを外すとコトンと音がしたんです その時納まったと感じました  これが石の声かと心の底から納得しましたね」

それは 純司さんが修業に入って 9年目のことだった 

 

土木理論を学んだ純司さんは 多くの人に知って貰うため 穴太の石積みを一般素人にも分かりやすく話をする 

石垣の修復にとどまらず 現代建築と調和する石積を造って行く 

これが穴太衆の技術を 後世に残していく継承者の思いだ

f:id:sakutamatengo:20210912152927j:plain

 

 

「オーシャンソリューションテクノロジー」には 漁業者支援システム トリトンの矛」というソフトウェアサービスがある 

ベテラン漁師の「操業日誌」の情報をAIに学習させて その日の最適な漁場を予測するのだ 

出漁不可を含めた判断が 燃料費の削減に繋がる

五感(時に六感)を研ぎ澄ませた熟練者の 勘と長年に渡る経験を AI が可視化し

高齢化が進む水産業の世代交代をスムーズにし 効率の良い漁業を目指している 

 

 

近年 ウィスキーが世界的に人気らしい 

大麦を酵素で発酵させ蒸留し 木製の樽に詰めて熟成させて造られる 

3年以上の熟成でスコッチと名乗れる 

 

歴史と伝統を守る スコットランドの蒸留所の担当者は 味見の後

「出荷は 納得できる味に仕上がっているか次第」  

アイラウィスキーの蒸留所の担当者は「職人の鼻・舌・目が頼り」

煙臭いと言われる 独特の風味のウィスキー

「センサーは使わない 人の経験のたまもので機械化は出来ない」と言いきる  

 

そんなウィスキーの世界にも 現代科学が入り込む 

米国シリコンバレー 「エンドレス・ウェスト」社の「グリフ」は

熟成後のウィスキーと同じ成分を 天然の植物・果実・酵母から抽出し混ぜ合わせて造られる 

年単位の熟成を 一日で造る まさに『研究室生まれのウィスキー』 

「素晴らしい酒を造るのに 時間は必要ない」という事らしい 

熟成行程を経ない為 樽用木材はいらない 

製造に必要な水・農地も伝統的製法の10分の1以下で済む 

 

「ビースポークン・スピリッツ」社は ウィスキーの中に樽板の欠片を入れ 専用の機械にかけて圧力・温度を変化させ 樽の成分を抽出させる 

結果 長期熟成した場合と同じような『味・香り』が数日で実現する 

木材消費は従来製法の30分の1  熟成中の蒸発「天使の分け前」も防げる 

創業者の一人 ジャノーゼク氏は「伝統的な製造プロセスは不正確で予測不能 効率も悪い」と切り捨てる

熟成にかかる時間の短縮 資源と金銭的なコストの削減に繋がる

開発企業は 科学技術によりウィスキーの新たな価値観を提示した

 

科学進歩の恩恵は 素直に享受したい それでも「伝承」は必要だと思う

人を育てるには時間がかかるものだし 実りを待つ時間も決して無駄ではない

未来は予測不能だからこそ 面白い  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾坤一擲のワクチン

「コロナワクチン」これ程 副反応に個人差があるワクチンは 初めてではないだろうか 

 同僚や近所の人に 接種2回目後の様子を聞くと 

「腕が上がらなかった」「痛くて横向きで眠れなかった」「発熱して とにかくしんどかった」という人が多かった 

幸い私は副反応がなかったが 夫はワクチン接種翌日に発熱し 仕事を早めに切り上げ帰宅した 

38.5度の熱が出た為 自宅にあった「とんぷく」を飲んで就寝 

翌日は37.4度まで下がり「汗かいて寝たら楽になった」と出勤した

幸い夜には平熱に戻っていた 

 

昨日 読者登録しているブロガーさんの記事で 私が夫に安易に飲ませた「解熱剤」にも相性があることを初めて知って 青くなった

 

私がワクチン接種をした時 別の接種者二人が「熱が出たり頭痛がしたら飲んで下さいね」と「とんぷく」(薬は有料)を診療所の受付で渡されていた

私には無かったので尋ねると「え?いるの? いるなら処方してもらうけど?」

何だか腑に落ちなかったが「...いえ 要りません」 

解熱剤は 喉風邪をひいた時のが残ってたのを思い出した 

「もしも熱が出たらあれを飲もう」 

私は勘違いをしていた 子供が熱を出した時も処方された 緑色のひらがなで「とんぷく」と書かれた白い紙の薬袋 

長い間「とんぷく=解熱・鎮痛剤の名前」と思っていたのだ 

「コロナワクチン」と「喉風邪」の解熱剤は 違う種類の薬剤だったのではないだろうか? 

それを夫に飲ませた 自分のいいかげんさにゾッとした  

薬を購入する場合 自分の判断ではなく 薬剤師さんに相談するベきだと思った

f:id:sakutamatengo:20210903214141j:plain

 

モデルナ社の 異物混入と同じロットのワクチンを接種した30歳の男性が死亡した 

朝日新聞の取材によると この方は 接種翌日の8/23日に発熱し 仕事を休んだが

解熱剤で熱が下がり 8/24日には回復して出勤した 自宅で母親と夕食をとり午後9時頃に自室に戻った 

だが25日朝 出勤時間になっても起きてこない為 母親が部屋に行くと 布団の上でうつ伏せで亡くなっていたという 

基礎疾患 アレルギー歴は無かった 

「若いといえど ワクチンは受けんといかんぞと 勧めたのは私なんです」父親は涙ぐみながら語った 

厚労省は死亡と接種の因果関係は不明としている

「死因はワクチン以外考えられない 国は対処が遅すぎる」

「安全が伴っていないと何の意味もない 息子は亡くなる必要がなかった 同じように亡くなる人が出ないように 国は調査を急いで欲しい」と訴えている 

亡くなられた息子さんとご両親の無念さを思うと 胸が痛む 

国による早急な解明を願うばかりだ

 

 

箱に入るのは一度だけで良い

外出前に空箱をそのままにしていた 

スマホの高速充電器が梱包されていた 小さめの箱 

帰宅すると箱が歪んでいた

f:id:sakutamatengo:20210829015703j:plain

 

これは「あの形」だ 

小さな奴の仕業だと思ったら 大きな奴も加担していたようだ 

f:id:sakutamatengo:20210829015812j:plain
f:id:sakutamatengo:20210829015904j:plain

小柄な天護      と    大柄な珠玉(タマ)

 

狭い所に入りたがるのは「胎内回帰願望」と言われる  安心できる場所なんだね 

ふふふ そっと蓋を閉じる 雄猫ちゃんは慌てない 

ちゃんと自分で脱出できるし 私を信頼してくれているからね 

 

「女が男を箱に閉じ込める」小説の一場面を 急に思い出した 

 

まず 江戸川乱歩の「お勢登場」

病弱な夫を軽んじ 浮気をする妻「お勢」 

ある日の昼食後 一人息子とその友人達とかくれんぼに興じていた夫は 誤って押し入れの頑丈な「長持ち」の中に閉じ込められてしまう 

子供達は遊びに飽きてどこかに行き 叫べど叩けど女中も気付いてくれない

恋人との逢瀬を楽しんで 夕方帰宅した妻が 息絶え絶えに弱りきった夫を見つける 

 

彼女はどうしたか? 

「長持ち」から出ようとする夫を押し込め 再び錠をする 

 

阿刀田 高の「狂暴なライオン」

芸術的な才能に恵まれ 行動的なシングルマザーが 既婚者と恋に落ちた 

何事もテキパキこなしていた自分のペースが

男によって乱されることに 戸惑っていたある日

二人が何時でも会える「隠れ家」に案内される 

海外に長期滞在する友人が 彼に管理を依頼した秘密の部屋 

嬉しげな男に「奥様が突然訪ねてきたらどうするの?」と 冷めた声で問う彼女

「ここに隠れたら良い」

彼がひっくり返った亀みたいな格好で 大きなスーツケースに入り 自分で閉じる 

同時にパチンと掛け金がかかる音がした 

 

彼女はどうしたか? 

何もせずその部屋を後にした 

 

やっぱり箱に入るのは 人生の終末 その一度だけでいいと思った

焼かれちゃうけどね

 

あの話の結末? 

前出のお勢さん 夫は蓋の内側に「オセイ」と必死のダイイング・メッセージを刻んでいた 義弟はお勢が殺したと確信する

彼女の不倫も知っていた 義弟の怒りの追及を涙の演技でかわし 財産を相続し うるさい身内から子供と二人でフェードアウトして行った 

 

後出の彼女は 自分本来の生活ペースを取り戻す 

あれから彼からの電話も無い 

あの部屋で スーツケースがカタカタ揺れ くぐもった叫び声が聞こえても やがては聞こえなくなるだろう 

狂暴なライオンに恋は似合わないと切り捨てる 

どちらも後味の悪い結末でした

祟りじゃー!?

先日 遅出出勤のSさんが 浮かない顔で自分の席についた 

「さっき衝撃的なことがあったんよ」 そこで内容を聞いてみると 

会社近くの狭い道を走行中 前方に大きな蛇を見つけた 

蛇は道路上を横断途中でフリーズ 長い胴体を道いっぱいに伸ばしたまま

しばらく待てども移動してくれない

「これ もう轢くしかないっしょー!?」 

 

「車から降りて近付いたら逃げるよ」と私

「無理無理無理」ブンブン首を振るSさん

 

仕方なく車を進めると 通過する時『バキバキ』という音が聞こえたとか 

「枝と見間違えたとか?」 冗談半分で聞いてみたところ

通りすぎて後ろを振り返るも 道路上には何もなかったそうだ

 

「奴等 筋肉質だから大丈夫~」「ドMな蛇だったんだぁ」「金運ダダ下がり」

同僚に勝手な事を言われ放題だったが 

「蛇は車で轢かれたくらいで死なへん!!」 キッパリとNさんが断言して その話は終わった 

f:id:sakutamatengo:20210809152038j:plain

〈なぜか家の2階ベランダに迷い込んだ 若いシマヘビ〉

 

 

それから10日くらい後のこと

お盆休暇の初日 私とNさんは休日出勤をしていた 

休憩時間に 彼女が思い出したように「そういえば 昨日大変やったんよ Sさん」

 

昨日残業したNさんは 遅出のSさんと帰りが一緒になった

いつもの狭い道を Nさんの車が先行して進んでいたところ 

後続のSさんの車が 途中から停車したままだと気が付いた 

何事かと駆け寄ると 「急に車体の下でガリガリ大きな音がしたんやけど...」

二人で確認すると タイヤに太い針金が絡み付いていた 

そのせいで車体に傷が付き 針金の先が突き刺さり タイヤはパンク状態 

結局JAF を呼ぶ羽目になり 1時間以上足留めをくらったそうだ 

 

「それまで その道 誰も通らなかったんやろか?」偶然とはいえ不思議

「私の車は 何ともなかったんやけどねぇ」とNさんも首を傾げていた 

 

二人の乗る車は メーカーは違えど排気量が同じ 大きめファミリー・ワゴン 

歩行者が道の端ぎりぎりに寄ってくれなければ 進めない細い道

午後8時過ぎ 街灯の無い暗い中 共に道の中央を走っていたと思うのだけど

どうして後続の車の方に 長い針金が絡んだのだろう? 

ふと私の頭に浮かんだのは「轢かれた蛇の仕返し」まさに「祟り」かも? 

f:id:sakutamatengo:20210809152402j:plain

〈よく見ると可愛いよね?〉

 

皆様も 山道を走行する時は「前方注意」「スピード注意」 そして

くれぐれも「蛇に注意」して下さいね